桜海老
スポンサードリンク

本場由比で取れたての桜海老の釜揚げです。保存料など使用していません本場由比の釜揚げ桜えび5...
スポンサードリンク

静岡 駿河湾産 干し桜えび浜風と天日で干し上げた駿河湾産高級 干し桜海老(桜えび)100g

桜海老はお刺身が最高

桜海老というのは、海に住む海老の一種です。スジエビやシラエビのように、透明な体の小型の海老ですが、甲の部分に赤の色素を含んでいて、全体的にうっすらとした桜色(ピンク)のため桜海老と呼ばれています。
桜海老というと、一般的には素干しした乾燥桜海老が知られていますが、実は新鮮な桜海老は生でもおいしくいただくことができます。食感はまさに小さな海老と殻がついているので、ちょっとカリカリとした食感ですが、まあそのままの感じです。中身は甘エビの小さい感じのものです。でもあんなに小さな海老なのに、生のお刺身で食べることができるなんて、知らない人が聞いたらちょっと驚くかもしれませんね。わさび醤油などで食べると、お酒やビールのあてとして最高の一品でもあります。

味良し!栄養満点!しかも旬! 駿河湾名産 桜海老 釜揚げ 500g!  本場由比で取れたての桜海老の釜揚げです。

桜海老のエピソード

桜海老の釜上げはご存知ですか?桜海老の上がる漁港の周辺では、そのまま釜上げにして食べるということもよくやられます。ホントにゆでるだけなのですが、これがまた、刺身にもましておいしいので不思議ですね。
また、桜海老のかき揚げはとても美味しいですよね。桜海老はかき揚げの素材の定番です。さくさくした歯ごたえと、プンと香る海老の風味がなんとも言えずマッチしていて、これもかなりの美味です。
ちなみに桜海老は主に駿河湾で取れる海老で、普段は200~300メートル程度の海の底に住んでいるそうです。この桜海老が発見されたときのエピソードとしておもしろいものが伝わっていますのでご紹介します。
駿河湾では秋にアジの漁が行われるそうですが、明治の頃、ある漁師さんがアミに浮きをつけるのを忘れたまま網をうってしまい、そのまま海底の深いところにアミが沈んでしまったそうです。引き上げるときになって気がついた漁師さんですが、どうしようもありません。とりあえず、自分の失敗を反省しながらアミをたぐりよせてみると、そこには今まで見たこともない色鮮やかな海老がどっさりとかかっていたとか。これが桜海老の最初の発見だったそうです。なんとも、嘘のような本当の話らしいです。それ以来、駿河湾の桜海老は名産品の一つとなっています。

通販なら生の桜海老でも直送

さて、その桜海老ですが、わざわざ地元に行かなくても、インターネットなどを使って通信販売が行われています。なんと、生の桜海老を急速冷凍したものを直送してくれるので、自宅で刺身や釜揚げが気軽に食べられるのです。なんとも通信販売おそるべしですが、こうやって桜海老のおいしさがいつでも楽しめるようになったのは歓迎すべきことだと思いますよ。

桜海老